院長のコラム

今日からローガン

先生…最近はLINEをしていると疲れるんですが、もうローガンが入っていますか?
はい、そうですね。今日からローガンです←んなワケがねえ!

ピント合わせのためには『調節力』というものが必要で、しかもそれは近くを見る時ほどたくさん必要になります。
最初は『遠くを見たあと近くのモノを見ると、なかなかピントが合わない』という症状から始まり、そのうち『いくら待っても、手を延ばさないとピントが合わない』 ようになってしまいます。
そうなると、ローガンを意識します。つまりローガンはある日を境になるものではなく徐々に進んでいって、ある日なにかをきっかけにして自覚するものなんです。

もともと近視の人は若干近視が残るように矯正しますので、遠くが若干見えにくく感じても、近くのモノは見やすく…究極的には裸眼なら近くのモノは絶対見えます。
言い換えると、遠くのモノが見えなくて不便な時だけ、眼鏡をしたらいいわけです。

遠視の人は近くも遠くも楽勝で見えますが…実は秘かに常に調節をしているんです。調節力が豊富な若いうちは本当に余裕ですけど、調節力が減ってくるとまず近くが、 そしてさらに減ってくると遠くまでもが調節しきれなくなってボヤけます。
ちなみにこの現象…つかれる・ヘンな乱視が出て見えにくい・近くが見えない…は 近視の人でも、『不適切な矯正』で強すぎる眼鏡等をしていれば遠視と同じ状態に なっているので、簡単に生じます。

で…遠視の人は常に調節をしなくてはいけないので、程度によっては調節力を眼鏡などのレンズに肩代わりさせてあげた方が、疲れもなくスッキリ過ごせます。
とは言え、自覚症状がない人に勧めても、今まで眼鏡をしたことがない人が眼鏡を かけるのは大変です。耳は痛いわ鼻当ては気になるわ…レンズは曇るし(>_<)
しかもちょっと気合いを入れればフツーに見えるのに、最初のうちは少しボヤッとした感じだし…←常に調節をするクセがついているので、ピントがズレるんです。
だから自覚のない人には、子供さん以外は勧めません(弱視になることがあります)。

でも疲れなどの自覚があれば、騙されたと思って眼鏡などで矯正をした方が絶対にラクになると思います
だから頑張れば見えてるので要らない…その頑張りが、疲れのモトなんです!
最初は確かに慣れないかもしれませんが、遠視の人の眼鏡は装具だと思って下さい。
だから見えないときだけ、ではなくて一日中つねにかけることを強くお勧めします。

適切な矯正という装具に慣れれば、つべやニコ動も長時間楽しめますから♪


ナビゲーション
トップページ
院長の挨拶
医院紹介
診療内容
診療時間・交通アクセス
院長コラム
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

隣接のコンタクトレンズ店 三宮コンタクト

診療日カレンダー

12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1月
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※年末年始休暇
12/30(日)~1/3(木)

平日
11:00~14:00
15:00~19:00

土曜
11:00~13:00
14:00~18:00

日祝
11:00~13:00
14:00~17:00

※毎週水曜日は休診日です。

明生アイクリニック モバイルサイト