院長のコラム

めがねの小ネタ集

編み物をしているおばあちゃんのイラストって、なぜか丸縁の眼鏡が鼻の上にちょこんと乗っている姿が多くありませんか?
この眼鏡は老眼鏡だと思われますが、老眼鏡に代表される凸レンズは眼から遠ざけると効果が強くなって見やすくなります。
だから鼻の上あたりまで、ずらしているんですね。

遠くを見つめている若者が、眼鏡の眉間の部分を押し上げている姿もたまに見かけませんか?
この眼鏡は多くの場合、近視の方がかける凹レンズだと思われますが、これは眼に近づけるほど効果が強くなって遠くが見やすくなります。
ついついクセになっている人も、少なくないですよね。

この記事を読んでくださる時に、老眼鏡をかけている人…字を大きくしたらいいのですが、いつも原稿の時点で字数オーバーになっちゃうぐらいなので、それはちょっと難しいです。ごめんなさい。
でもその老眼鏡、出来合いのものを買ってきた場合は左右の瞳孔間の距離が合っていないかもしれません。
これが合っていないと、近くを見る時の「寄り目」をし過ぎることで眼が疲れやすくなることがあります。
ずっと使うのでしたら、きっちりと合わせたものを作りましょう。

眼鏡は種類によって、一日中ずっと掛け続けるものと、見えにくい時だけ掛ければいいものがあります。
これはケースバイケースですので、処方の時に聞いておきましょう。

今はコンタクトレンズを使っているのですが、遠くが見えにくい時はついつい眉間に人差し指が…クセって怖いなぁ。


ナビゲーション
トップページ
院長の挨拶
医院紹介
診療内容
診療時間・交通アクセス
院長コラム
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

隣接のコンタクトレンズ店 三宮コンタクト

診療日カレンダー

12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1月
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※年末年始休暇
12/30(日)~1/3(木)

平日
11:00~14:00
15:00~19:00

土曜
11:00~13:00
14:00~18:00

日祝
11:00~13:00
14:00~17:00

※毎週水曜日は休診日です。

明生アイクリニック モバイルサイト