院長のコラム

眼の奥がキーン

最近では真夏以外にもアイスクリームを楽しむ機会が多くなりました。真冬にかき氷を食べて「夏の醍醐味」とも言えるキーンと突き刺さるような頭痛を経験することも、珍しいことではありません。あの頭痛の原因は諸説ありますが、冷たいものが口の中に入ることで舌咽神経が刺激されるため・おなじく胃に入ることで迷走神経が刺激されるため・冷たいものによって体温が下がるのを血流量を増やして防ごうとして血管が拡張するため、などが有力視されています。この「アイスクリーム頭痛(←本当にこの名前です)」を防ぐために、溶けない程度にゆっくりとアイスを楽しむことをお勧めします。

でもアイスを食べなくても、眼の奥が突然キーンと刺さるように痛むことがあります。いろいろと原因はありますが、例えばパソコンなどで近くを長い時間見続けていることによって生じた眼精疲労などは、その大きな原因の一つとされています。

その他にも三叉神経痛といって、ちょうど眼頭の上のあたりが奥から疼くように痛むこともあります。これらは一時的なものであり、十分な休養をとることでゆっくり回復してくることがほとんどです。場合によってはビタミン剤を内服してみるのも方法でしょう。稀に痛みで目が覚めるぐらい症状が強いこともありますが、それでもテグレトールという薬で殆どの症状を抑えることができます。

それ以外にも群発頭痛という、眼の奥にキーンどころではない痛みが生じるものもあります。原因は不明ですが、眼の奥の血管が拡張するためという説が有力です。このためイミグランという薬の他に、ステロイドを使ったりします。その他に緑内障の発作によって、眼の奥から激しい痛みが起こります。くも膜下出血などの病気では、人生最大級ともいえる頭痛を経験するようです。

何となく眼の奥が痛い、しばらく様子をみてもよくならない、などといった場合は、我慢せずに早めに受診することが大切です。

そうそう、ヤヤコシイのでかき氷はゆっくり楽しんで下さい。あれは溶けても、シロップが絶妙な美味しさを約束してくれますから。


ナビゲーション
トップページ
院長の挨拶
医院紹介
診療内容
診療時間・交通アクセス
院長コラム
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

隣接のコンタクトレンズ店 三宮コンタクト

診療日カレンダー

12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
1月
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

※年末年始休暇
12/30(日)~1/3(木)

平日
11:00~14:00
15:00~19:00

土曜
11:00~13:00
14:00~18:00

日祝
11:00~13:00
14:00~17:00

※毎週水曜日は休診日です。

明生アイクリニック モバイルサイト